覚えておきたいカーテンの選び方!失敗しないためのポイントは?

カーテンの機能で選ぶ

カーテンは日差しを遮るだけでなく、外から見えないようにするプライバシーの保護や防犯、防音、防炎、暑さや寒さを和らげる省エネ効果、お部屋の雰囲気を変えるインテリアとしての機能など、様々な役割があります。日差しが強いリビングには遮光や紫外線カットの物を選ぶなど、カーテンを利用する部屋の目的に合わせて選ぶのがポイントになります。また、カーテンレールのタイプやカーテンのスタイルも種類が豊富です。操作性やメンテナンスのしやすさなども選ぶ際にはチェックしたいですね。

インテリアに合わせて選ぶ

窓際を演出するカーテンはインテリアのイメージに合わせて選びたいものです。カーテンの素材や色・柄でお部屋の雰囲気は違ってきます。部屋の床や壁の色と同じような色合いを選べば落ち着いた雰囲気になりますし、反対の色合いを選ぶとアクセントになりインパクトのある部屋になります。リビングは自分の好みも大事ですが、家族や来客のことも頭に入れて検討してみましょう。何が良いか迷う時は色だけ合わせて無地のカーテンを選ぶと流行もなく飽きることも少ないようです。

ライフスタイルに合わせて選ぶ

頻繁に窓の開け閉めをするような場所はブラインドタイプだと不便なので薄手のカーテンにするなど生活のシーンに合わせて選ぶのもポイントです。夏場は紫外線をカットする素材にしたり、冬場は断熱効果の高いものにするなど機能も考えながら生地を選ぶことが大切です。カーテンを変えるだけで、おしゃれにもモダンにもシンプルにも部屋の雰囲気は大きく変わります。手軽な模様替えにもなるので気分をリフレッシュしたい時にはカーテンを変えてみるのも良いかもしれませんね。

ひもカーテンは、設置が簡単であることや、室内のインテリアと上手く組み合わせることができる点が高く評価されています。