埃?蒸し暑さ?不快な倉庫環境を改善する為のちょっとした心掛け3選

頻繁に使用するなら定期清掃は必須!

大事な荷物を保管したり入出庫したりする倉庫。常に倉庫の中が埃まみれで汚ければ保管してある荷物にも影響が出るばかりか、その中で作業する人間にとっても不快で動き難い環境となってしまうでしょう。倉庫とは言え、少しでもクリーンな状態で気持ち良く作業したいものですよね。ですから倉庫の定期清掃は必須。床面の埃や汚れは作業上がりに毎日拭き取る一方、月に1度は少々本格的なクリーニング日を指定し、高所の窓回りやパレットの隙間に溜まった埃や汚れも掻き出し、隅々まで綺麗に保つ様にしたいところです。

暑い時期には作業中の換気・通風も必要

倉庫内の温度が一気に上昇し易い夏場。倉庫内の荷物を外側からジワジワと劣化させるばかりか、下手をすれば倉庫内で作業する人間からも水分を奪い、熱中症のリスクを高めてしまうのです。この様な最悪の事態を避けるためにも倉庫内の換気と通風は必ず確保する様心掛けましょう。トラックの搬出入シャッターを部分的に開放するのも良いですし、倉庫に天窓があれば定期的に開放し上方からも通風を図るのが良いでしょう。もちろん倉庫内にエアコンがあれば定期的に稼働させるのも一つの手。倉庫内の荷物をベストなコンディションに保つ為にも大切ですよね。

荷物の置き方にも規則性とルールを

快適な倉庫内作業を実現するには、そこに収められる荷物の置き方にも規則性を持たせる事は非常に大事ですよね。在庫確認の為とある荷物を探し始めたものの、入庫は確認されているのにその場所が分からず中々見付からない様では、作業効率も大幅に落ちてしまうでしょう。荷物の区分けやジャンルごとの置き場にルールを設け、規則正しく置いてゆく事によってそれらのトラブルは防ぐ事が出来る筈。またフォークリフトの通路にまではみ出す様な、乱雑な荷物の置き方が厳禁である事は言うまでもありませんよね。

物流は生産の向上性を大切にしているので将来性があります。そのほかにも倉庫管理にも力を入れているので迅速に荷物を届けます。